美白化粧品とハイドロキノンでシミは消せる!?

肝斑、老人性色素斑、脂漏性角化症、そばかす・・とシミの種類はいくつかありますが シミが出来るのは 紫外線による日焼けだけでなく ホルモンの乱れが関係する肝斑、肌の炎症などが原因で 出来るシミもあります

シミの悩みで皮膚科を訪れる方の 大半は紫外線による日焼けが原因の老人性色素斑で 老人性とありますが 若い方でも日焼けを繰り返すと出来てしまいます。

紫外線での日焼けが原因で出来るシミ

・紫外線にあたるとまずメラニンを作れと司令が出されます
シミのもとメラニンは 色素細胞(メラノサイト)の中でチロシンというアミノ酸から生成されます。紫外線を浴びると お肌を守るために表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌され 色素細胞にメラニンを作れと司令を出します。

メラニンが作られ始めます

司令が出ると チロシナーゼという酸化酵素が働き チロシンをメラニン色素へと変えてしまいます。また 紫外線だけでなく ホルモンの乱れで 直接メラニンが多く作られることがあります。

・表皮細胞へと上がってきます

メラノサイトで作られたメラニン色素は ターンオーバーと共に 徐々に表皮細胞へと押し上げられ 角質層へ上がってきます。

・シミができます

本来は 表皮のターンオーバーにより角質と一緒に垢になって排出されるのですが 過剰に作りだされると 排出しきれずしみになって 残ってしまいます。

シミの種類と原因

老人性色素班

シミの大半は 紫外線が原因の老人性色素班です。頬骨の高いところやこめかみに出来やすく日焼けの積み重ねによってできるシミです。

最初は薄い茶色で 数ミリから1cm程度 まるっぽくて平坦ですが 年数とともに濃くなり隆起して脂漏性角化症になってしまうこともあります。

肝斑

30代から40代の女性に多く見られ 頬骨を中心に左右対称にできることが多く 薄い茶色または 灰色っぽい色の ペッタっとしたシミです。

女性ホルモンの乱れが 関係していると言われ妊娠中、ピルを服用中の人、更年期の人によく見られます。頬以外の額や 鼻の下に出ることもあります。

炎症性色素斑

ニキビ、傷、虫刺されなど 肌に炎症を起こし その後がシミになったものです。ニキビの上から日焼けすると更に色素が沈着します。

コットンで顔を拭き取ったり、マッサージ、洗顔、こするなど 肌に刺激を与えすぎると 慢性的な炎症を起こし、シミ・くすみの原因になってしまいます。

脂漏性角化症

シミの角化が進み イボのように盛り上がってきたもので 表面がザラザラしています。加齢や紫外線の影響で 出来たもの、色は褐色や黒色 数mmから2、3cmほどの大きさで 手の甲に出来るポツポツしたシミも 多くはこの脂漏性角化症です。

雀卵斑(そばかす)

小さく茶色いシミが鼻を中心に顔全体に散らばるように出来たもので 遺伝的なソバカスは10代の頃から出来始めます。

白人に多く見られますが 日本人でも色白の人に多いようです。米粒大までの不規則な形で 色は薄い褐色紫外線の影響で濃くなったりします。

医薬部外品に使われる主な美白成分

ビタミンC誘導体 リン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸NA(APPS)などビタミンCを肌に吸収しやすい形に改良したものです。
抗酸化力が高く シミ・ニキビなどの炎症、毛穴の開きシワ、たるみケアにもおすすめ。
アルブチン もともとコケモモから抽出された成分で メラニンの生成を抑制します。
エラグ酸 いちごなどのベリー類から抽出される成分でメラニン生成を抑制し肌の老化を防ぎます。
ルシノール もみの木から抽出した成分を改良した化合物でメラニンを生成する酵素の働きを阻害 シミ・黒ずみの発生を防ぎます。
リノール酸 紅花油から抽出されメラニンを作り出すチロシナーゼ酵素を分解してシミを防ぎます。
カモミラET カモミールから抽出される成分で 抗酸化作用とシミを作れと命令を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制しシミを防ぎます
m-トラネキサム酸 メラニン色素の生成を抑えたり炎症を抑え、美白効果、肝斑、肌荒れを防ぐ効果があります。
プラセンタエキス 牛や豚の胎盤から抽出された成分でチロシナーゼ酵素の発生を抑制し代謝を高める働きがあります。
t-AMCHA メラノサイトに司令を出す情報伝達物質プロスタグランジンの生成を抑えシミができるのを防ぎます。
その他

その他の美白成分

ハイドロキノン

欧米ではとてもポピュラーな成分で 美白=ハイドロキノンと言われるほど、日本では肌への刺激性があると 使用が禁じられいましたが 規制緩和で2001年より化粧品への配合が可能になりました。

チロシナーゼ抑制効果があるのですが 濃度が高いと肌への刺激が少し高いと言われています。

油溶性甘草エキス(クラブリジン)

漢方薬に使われる甘草から抽出される成分で 抗炎症作用もあります。

美白化粧品に配合される美白成分は他にもあり 医薬部外品と表示されている美白化粧品には 必ず美白成分が配合されています。

美白化粧品が効くシミ・効かないシミ

美白化粧品が効くシミ 予防方法とケア方法
老人性色素班 毎日のUVケアと美白化粧品、レーザー治療
肝斑 ストレスの解消、UVケア、美白化粧品・ピーリング、トラネキサム酸の内服
炎症性色素沈着 肌に刺激を与えない、UVケア、美白化粧品・ピーリング・ビタミンCのイオン導入がおすすめです。

 

美白化粧品が効かないシミ 予防方法とケア方法
脂漏性角化症 徹底したUV対策、レーザー治療・液体窒素が有効です
ソバカス 遺伝なので完全には防げませんが濃くならないようにUVケアは必要です。レーザー治療が有効ですが再発することもあります

美白化粧品は1年中使う

シミを防ぐには 紫外線のダメージを受けやすい季節に 集中的に美白ケアするのでなく 1年中継続して行うことが大切です。

シミやくすみを改善するには お肌のターンオーバーと共に少しずつ薄くしていくしかありませんので 無理なく続けられる シンプルなお手入れを取り入れましょう。

レチノールやピーリングで古い角質を取り除き 美白ケアと同時に保湿ケアもしっかりして お肌のターンオーバーを促すお手入れがおすすめです。